実際の社員教育とはどのようなもの?

社員教育には3つのタイプがあります。

社員教育には3つのタイプがあることを理解してください。1つ目はOJT(On the Job Training)教育と言われる内容で、現場で、仕事を通じての教育です。2つ目は、OFFJT(Off the Job Training)教育といわれる内容で、職場を離れて実施される教育です。3つ目は、自己啓発で個人中心で必ずしも仕事に関わらない、広い範囲の教育です。日本では伝統的に、社員教育はOJT中心の風土が強いといわれています。これは、技術・技能教育から、精神的な取り組み姿勢まで含まれる教育です。2つ目は、職場を離れてた集合教育だったり、他社の見学、国内外のセミナー参加などがあげられます。3つ目は、自分の考え中心で将来に備えた語学研修や、夜間・通信大学教育受講等があげられます。階層別に3つの教育を目的的に組み合わせることが重要です。

成果を上げるには、会社(上司)関心が重要です。

教育の成果を上げるには、会社または上司の教育に関する関心が重要です。社員は、会社・上司の指針に強い関心を持っています。OJTにおいても、効果的に成果を上げて行くには「上司・先輩の背中を見て学ぶ」教育だけでは効果が薄いでしょう。いわゆるフォローアップと評価が社員のモラールアップにつながります。モラールアップはモチベーションアップにつながり教育の成果につながります。このことは、2つ目、3つ目の教育においても同様であります。部下が参加したセミナーの報告は必ず聴取して、コメントすることが望まれます。3つ目の自己啓発についても、社員が保持している希望、関心を理解することが人事管理上重要で、職場での面談でそれとなく聴取することが望まれます。

© Copyright Outsourced Employee. All Rights Reserved.