未来の戦力を育てよう

伸ばす方向性を見極める

未来の戦力になるように社員教育をするためには、個人に合った方向性を見極める必要があります。社員によって向き不向きがあり、好き嫌いがあるのです。社員の好きで得意な分野に能力を伸ばすことができれば、将来の重要な戦力に変身します。不得意な分野で社員教育を受けたとしても、伸びる範囲はある程度決まっています。その分野を見極めてから社員教育を施すことが大事です。見極め方としては個人面談を細かくすることです。個人からの情報と同僚や上司からの情報を合わせて考えると、得意な分野が見えてきます。その分野の能力を伸ばす社員研修への参加を促して、できることの拡大を図ります。個人個人の能力がアップしていけば、会社全体の強化につながるのです。

ジェネラリストとスペシャリスト

会社を構成しているのはジェネラリストだけではありません。幅広い知識を持ち管理する能力を持っている人材は大事ですが、専門的なことを解決するスペシャリストも同じように大事です。これらは同じ社員研修では上手く育つことはありませんので、分けて育てる必要があります。それぞれのコースを作って、高みを目指すようにするといいでしょう。会社にとってどちらも大事な人材ですので、分け隔てなく育てることが重要です。社員研修で受けるコースが違うだけで、将来的に会社を支える人材になることは同じです。本人の希望と能力に合わせて社員研修のレベルを設定します。どちらかだけを優先するのではなく、どちらも一緒に育てることが大事です。

© Copyright Outsourced Employee. All Rights Reserved.