外部委託の社員教育で情報は洩れないのか?

業者は守秘義務がある

社員教育を自社で行うことが難しい場合や、社内に教育できる人材がいない場合には、外部に社員教育を外注することも多いですが、その際に社外秘の情報がもれてしまうのではないかと考える方もいますが、実際にはそのようなことはありません。社員教育の業者では守秘義務を守ることを原則としており、依頼主の企業の情報を他言することは一切ありません。もしそのようなことがあった場合には業者側にとって不利益にもなるので、情報漏えいに対してはかなり万全な対策が取られているのが実情です。社員教育を外注することでかなり効果的な社員研修を行うことができますので、研修が上手くいかなくて悩んでいる企業の方は、安心して外部の業者に依頼しましょう。

企業側でかなり厳重な対策が

社員教育をしている企業では個人情報の取り扱いについてはかなり厳重な対策をとっています。研修を担当する社員以外は個人情報を閲覧することすらできないのはもちろんの事、研修が終了した後には個人情報をすべて削除するので漏洩することもありません。万が一研修を行った企業が情報漏えいをさせてしまった場合には、故意でなくでも法令違反となるので、会社の評判を左右すると言っても過言ではありません。情報漏えいの対策についてはかなり信頼できるものと考えても良いでしょう。社員研修で社外秘の情報を教えることは稀ですが、万が一そのようなことがあっても、研修先の企業がきちんと守秘義務を守ってくれるので、幹部研修でも新人研修でも安心して任せられます。

© Copyright Outsourced Employee. All Rights Reserved.